自宅近くで熊の出没情報多発!防衛策はある?

2019年10月24日

いやね、ビックリですよ、もう。

「札幌市内でヒグマ目撃される!」ってニュースは過去何度もありましたけど、いずれも管理人の普段の生活圏からは外れていたので、同じ市内でありながらどことなく他人事に捉えていたんですよね。

ところが今回は、管理人が毎日のようにランニングする自宅付近での出没情報。しかも、結構広範囲にわたって目撃されている上、昼夜を問わず活発に動いている様子。あな恐ろしや。

熊出没ニュースの内容

6月9日の日曜日、休日ということで、ビルドアップで約18キロほど走ったんですよ。キロ5分から入って最後はキロ4分10秒台でフィニッシュ。中々良い感じで走れたな~、と満足して普段通りに帰宅したのですが・・・

この日走ったのが札幌から隣町の北広島に伸びる、通称エルフィンロードと呼ばれる歩行者・自転車専用道路でした。ここで翌日10日未明に熊の目撃情報があったとのことなんです。

ヒグマに関する情報 | 北海道北広島市

エルフィンロードは、自転車用・歩行者用に綺麗に整備された道なのですが、早朝は人が少なくとっても静か。ランナーにとっては非常に走りやすい道路なんですよ。管理人が走った朝の時間帯では、すれ違った人数は片手で数えられるほどでした。

ちょくちょく訪れている場所ながら、暫くは足が遠のいてしまいそうです。

翌々日の12日にも熊ニュースの続報が。エルフィンロードに続き、道立野幌森林公園でも目撃情報です。

どうやらエルフィンロードで目撃された個体と同一だと見られています。うまくコース取りすれば、国道1本越えるだけでここまで辿り着けますからね。

野幌森林公園内は林道が巡っており、アスファルトを走るより膝に優しい上に日差しも遮ることができるので、管理人が好んで走るコースの一つです。というか、管理人宅のもろご近所。徐々にクマに間合いを詰められている感が。

前日のニュースを見て、公園の入り口まで行ってみたら、こんな注意が掲示されていました。

リアルに花咲く森の道で熊さんに出会っちゃいそうです。

さすがに林道内に入る勇気はなく、すぐさまUターンして逃げ帰りました。

熊に遭遇しないために

基本的に熊は臆病な動物で、人間の存在を察知すれば、たいていは逃げていきます。なのでこちらの存在を熊に知らせることが大切。特に音を鳴らしながら歩くのが効果的と言われています。

便利なのが「熊鈴」。ザック等に付けておき、歩くことで音を発してくれます。

トレランの時には必須アイテムであり、装備として持っていないと出場できない大会もあるくらい。

管理人がトレラン用に所持している2種類をご紹介します。まさか大会以外で使用を検討することになろうとは考えてもいませんでしたが・・・

「ガランガラン」という、落ち着いた低めの音が出るタイプです。大きい鈴、といった感じ。

対してこちらは「カロンカロン」でしょうか笑 カウベルのような、落ち着いた音色のタイプです。

他にも風鈴のような、「チリンチリン」といった感じの高音タイプもあるのでお好みで選べば良いと思います。熊は耳が良いですから、多分どの音でも聞こえるはずです笑

万が一遭遇したら

何とヒグマはその気になれば時速60kmで走ることが可能だそうです。

こいつの前ではランニングで培った脚力も無力な訳です。なので全速力で走って逃げるなんてのはNG。むしろ興奮して追いかけてくるかもしれません。

・熊がこちらに気づいていない場合、静かに立ち去る。

・こちらに気づいている場合、熊から視線を逸らさずに、ゆっくりと後退。

多くはそれで向こうから立ち去ってくれますが、それでも近づいてきた場合強気に対応するしかありません。管理人の同僚であるYさんは「7番アイアン1本あれば多分いい勝負できるよ」と豪語していましたが、1000%無理です。

万が一遭遇した際、撃退に有効なアイテムはこれ。

熊撃退用スプレーです。唐辛子エキス等が含まれ、激烈な刺激で熊を撃退します。

管理人もトレラン出場時の備えとして、お守り代わりに1本購入し所持しています。さすがに使用経験はないのですが、持ってるだけでやはり安心感が違います。

でも、やっぱり遭遇したくはないですね・・・