マラソンのタイム分布とゴルフのスコア分布を比較してみた

「昨日大会でフルマラソン走ってきたんだよね」

「すごいねー、どのくらいで走るの?」

「3時間ちょいかな」

「ふーん。俺そんなに長い時間走れないわ。ところでそれって速いの?」

「・・・」

こういう会話を過去何度もしたことがあります。

「走ってて何が楽しいの?」に次いで多い質問がこの「それって速いの?」です。

もちろんランナー同士の会話であれば、こんな質問が出ることはありません。「自分はこの前ようやくサブ4いった」とか「次の大会はサブ3.5目指しますよー!」とか、熱い会話で盛り上がります。

しかし何故だかマラソンをあんまり知らない人にもタイムを聞かれ、一応回答するも、うっすい反応しかもらえない、という経験を結構します。

しかしまぁ、これはよく考えれば仕方のないこと。自ら走ったことがない人にとっては、タイムを聞いてもピンと来ないし、それが速いのか遅いのか分からないのも当然ですから。

さてそんな場合、どう伝えればよいものか。

大した記録じゃあありませんが、そこそこ頑張ってるんだよ、ということくらいは分かってもらいたいのです。

というわけで考えたのが「ゴルフのスコアに例える」です。

それぞれのデータから割合を比較

サラリーマンである管理人の周りには、寂しいことにランナーは数少ないものの、ゴルフを嗜む人が数多くいます。おじさん達は皆大好きですからね。

暇さえあればゴルフの話ばかりしています。暇がなくてもしています笑

彼らに分かりやすく伝えるにはゴルフとの比較が一番伝わるのでは?

ということで調べてみました。

まずはゴルフの難易度から。

ゴルフの上手さを表す指標として「ハンディキャップ」というものがあります。

ゴルフは1ラウンド18ホールあり、それぞれのホールで「3打」「4打」「5打」と基準打数が決められており、これを「パー」といいます。合計すると「72打」になります。

北海道某ゴルフ場のコースレイアウト。表中の「PAR」数字を合計すると72になります。
ちなみにハンディキャップとはホールの難易度。数字が小さいほど難しいホールとされています。

72打で18ホール回りきれた場合「パープレーで回れた」ことになります。

しかし、ゴルフを少しでもやったことのある方は、このパープレーが如何に難しいものであるかはよくご存知でしょう。

通常は100を切ることができるだけで、それなりに上手い人だとみなされます。

ちなみに平均で81以下で回ることのできる人は、パーから数えてプラス1桁で回ることができる人、という意味で、尊敬の意味を込めて「シングルプレーヤー」と呼ばれます。

では、ゴルフをする人のスコア分布はどんなもんなのでしょうか。

公益社団法人日本パブリックゴルフ協会によるゴルファーの集計分析報告書(平成24年度調査)に詳しいデータが載っておりました。これによると、

「代」じゃなくて「台」が正しい気がしますが・・・まぁこまかいツッコミはやめておきましょう。

全ゴルフ人口に対する比率は

70台:3.6%

80台:26.3%

90台:43.4%

100台:19.9%

110台:4.8%

120台:1.9%

130台以上:0.1%

とのことでした。

一番のボリュームゾーンは90台。そして、シングルプレーヤーと呼ばれる人たちは、ほんの一握りしかいないわけですね。

続いてはマラソンのタイム分布。

参考データは、RUNNETに掲載されている2018年4月~2019年3月の「全日本マラソンランキング」。

これは、大会別・都道府県別等でシーズン毎の国内フルマラソン完走者の動向をデータベース化する企画です。全国80の大会からデータを取っており、母数も大きいので中々正確なデータではないかと思います。

この中に掲載されている男女別タイム分布は以下の通り。

男性のサブスリーランナーは全体の3.1%のみ。堂々と上級者を名乗れるでしょう。
女性のサブスリーランナーはわずか0.4%。250人に1人。神です。

これらを比較すると、大体以下のようになるでしょうか。多少ざっくりではありますが。

ゴルフスコア     マラソンタイム(男性)マラソンタイム(女性)
70~79~2:59(サブ3)~3:29(サブ3.5)
80~893:00~3:59(サブ4)3:30~4:29(サブ4.5)
90~994:00~4:59(サブ5)4:30~5:29
100~1095:00~5:595:30~6:30
110~6:00~6:30~

ちなみにゴルフはレディースティーがある(=スタート地点が違う)ので、男女別の区別はしていません。

走らない人にも分かりやすく伝えられる?

というわけで早速ゴルフ仲間に話してみました。

管理人はフルベストタイムが3:07なので、まぁゴルフで言えば82くらいだ、と。

反応は上々。

「スゲーじゃん!」

「ゴルフ下手なのに走るのはそこそこ速いのね」

「・・・」

ちなみに管理人のゴルフ平均スコアは110です。フル6時間ってとこです笑

まとめ

ゴルファーに対しては分かりやすく難易度を伝えられます。

ただし、

ゴルフをやらない人には全く意味が分からない

です。当然ですが笑

なので今度は、より分かりやすいように採点カラオケとの比較でもしたいと思います(大嘘)

まぁマラソンもゴルフも、全体における自分の位置付けは気になるものの、それが全てじゃないですからね。

他人と比べるより、過去の自分に勝つ!というスタイルで取り組んでいる人も多いでしょうし、人と比べて速い・遅いを執拗に気にするのもナンセンスなのかも知れません。